おきなわBBtv方言ミニ
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 2014.11.06『またきちのチョーウチナータイム』OnAir’大失敗’
    有生 (11/14)
  • jimama Live in Tokyo~沖縄からのやさしい風があなたの記憶にそそぐ、、
    有生 (09/05)
  • 悠久の国宝を訪ねる 北鎌倉島唄紀行〜ウクレレ島唄を楽しむチャリティコンサート Vol.14
    有生 (07/01)
  • 2014.05.27『神座(kagura)のオンガク市場』乱入出演しました♫
    有生 (05/31)
  • 014.04.03『またきちのチョーウチナータイム』OnAir
    有生 (04/13)
LINKS
【沖縄とけい】ブログパーツ配布 by 堺市の税理士

税理士 奈良
沖縄の窓 by 沖縄写真旅行
お天気娘の天気予報
Dolphin-Island
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

マタキチのちょーうちなーたいむ

2013年7月1日(月)よりプレ開局・実験放送中のFM府中・小金井スタジオより地元情報に加え、我ったーふるさと沖縄情報を心地良い音楽と一緒に紹介している番組「又吉(またきち)のチョーウチナータイム」オフィシャルBlog FM89.2Mhz 毎週水曜日21:00〜On Air
<< 2015.04.15『またきちのチョーウチナータイム2015Vol.16』@Okinawa OnAir | main | 2015.07.08『またきちのチョーウチナータイム2015Vol.27』OnAir >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2015.05.13『またきちのチョーウチナータイム2015Vol.20』OnAir
今回の5月13日の放送は、2日後15日に迎える

『沖縄復帰43年』を記念してミニ特集。

当時約5才(9日後に)になるマタキチは父親が日の丸を飾っている姿を覚えている。


復帰前まで使われていた琉球切手


と事で今月5月は『沖縄復帰43年』を記念してその頃1972年前後の沖縄をフューチャーします。


◎Newsコーナー



台風天国 By やちむん

1、5月に台風上陸。沖縄〜本州へ(休校・給食で混乱 学校判断に差)

4年ぶりの5月台風上陸。
宮古島市の下地島空港で同日午前1時18分に最大瞬間風速58・6メートルで観測史上最大

今年も荒れそうだな〜

Uchina Experience By RYUKYUDISKO


2、おやじの会情報

◎「おやじと遊ぼう」5/16(土) 13:30〜16:00
※ボール遊び・鬼ごっこなどの集団遊び(三小体育館)


◎【おやじ農園部】5/16(土)8:30〜

すくすく育ってる!

マタキチもゴーヤーを!

今後、楽しみ!

天下無敵のゴーヤーマン☆Byガレッジセール


3、Kagura(神座)、世界へ



ハードロックカフェ主催の世界規模の大会「ハードロックライジング2015」へ

友人のBand「Kagura(神座)」が挑戦中。

東京大会で優勝し、日本代表として世界をめざしている!

http://www.reverbnation.com/kagura9

て事でエントリー曲を!

One DayBy Kagura(神座)

アジア地区代表になればバルセロナの世界大会へ進出出来る。

応援お願いします。






◎5月15日を迎えて

『沖縄日本復帰43年』を記念してミニ特集。当時の激動の沖縄を音楽文化から見てみたい。



太平洋戦争後、アメリカの施政権下にあった沖縄が1972年5月15日午前0時をもって日本に返還された記念日。

復帰後6年目1978年に行ったアンケートを紹介。
(当時の今のワッター世代30〜40代向けて)

ちなみにその一つが、

「沖縄が'72年に本土へ復帰すること」について,

・「歓迎しない」は7%とわずかで,
・「歓迎する」は54%,
・「まあ歓迎する」が31%と,

『歓迎する』人がほとんどだった。




また沖縄に‘パーマ屋〜’が多い理由も。

※沖縄戦後、女性たちが経済的な自立を目指し、オープンした美容室。

多くの米軍関係者がネイルサービスを求めて訪れ復帰前、流行っていたらしい。

「3ドルあればマニキュアもパーマもできた時代。沖縄は物が安かったからね〜」

凄い!



1950年代からアメリカがジャズの全盛期を迎えていたことから、

アメリカ人客で賑わうコザでもジャズバンドの需要が高まり、

音楽の街として歩き出すことに。

米軍放送の音楽=ジャズ



「米軍基地は今の倍ほどあってクラブは約20ほど。

そのうちビッグバンド(16名の大所帯バンド)が7〜8つくらいありましたね。」

沖縄のJazz界のレジェンド「屋良文雄」さんのインタビューから。

「基地の中のクラブでは、軍関係者が家族などと食事しながら、フルバンドの演奏でダンスしたり、
それこそ鹿鳴館時代の雰囲気とでもいうのか、彼らのちょっとした贅沢でしたね」

戦後アメリカ統治下で、沖縄の音楽市場の最前線にいたJAZZも、

日本本土復帰という時代の大転換期と共に状況が一変。

500名いたプレイヤーの9割は失業。


厳しいですね。



トントンミーブルース By 屋良文雄

ラストに復帰前1957年にミュージシャンの地位向上を目的に発足された沖縄Jazz協会初のアルバムから


てぃんさぶぬ花 By 沖縄Jazz協会


タイトル:「ウチナーJAZZ!」

バンド:沖縄JAZZ協会

戦後独自の歴史を歩んで来た沖縄ジャズの足跡を伝える、待望のアルバム





◎今月のエンディング曲は

悲しくてやりきれない By  やなわらばー



4月8日リリース カバーアルバム

「縁唄(えにしうた)〜フォークソングとやなわらばー」から




マタキチ



提供:株式会社音人、合同会社マッシェン


| 『またきちのチョーウチナータイム』OnAir | 11:23 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 11:23 | - | - | pookmark |